趣味∞読書

参加中(ポチッとお願いします)→ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

大人になるにつれ超がつくほどインドア派にすっ転んだ私ですが、幼い頃からずっと読書が趣味でした。ただ、文学少女ではなかったので所謂名作と呼ばれる文学作品よりはミステリや推理小説の方が好きでした。そして海外より日本人作家のものが、より好みです。

昔は手帳やノートに読書記録をつけていたこともありましたが、いつも途中でつけなくなります。市販の読書記録ノートって必ず感想書くところあるよね。多分あれが続かない原因。私の場合、いつ、何を読んだかが重要であり、読書感想文やレビューが苦手なのです。(買う参考にはするくせに)

書きたい人は書けばいい。けど、私は書かない。どう感じるかをわざわざ文字にする必要があるのか。ここがいいな、と思ったら心にしまっているだけでもいいじゃないか。それに、本当に感銘を受けたら手帳や日記に記したり、Twitterでつぶやいたりくらいはする。文字で美辞麗句塗り重ねるだけが素晴らしいのか。…なので読書は本当に好きだけど感想文は苦手です。

前置きが長くなりましたが、今も読書記録付けてます。2017/1/11からずっと続いているのは、アプリにしたから。

読書管理ビブリア

読書管理ビブリア

  • Keisuke Uchida
  • ブック
  • 無料

ビブリアはめちゃくちゃ便利なんです。まず、読んだ本を簡単に登録できること。本の裏にあるバーコードを読み込めば、一々自分で打ち込まなくてもいいし、トップには表紙が表示されるので、何を読んだか一目瞭然です。

f:id:mnmm24:20181117112112j:image

(こんな感じ。めっちゃ分かりやすい)

読書好きだけどミニマリストなので、本は家にほとんどありません。基本は図書館で借りて読む、無ければ本屋で買う、読み終われば売る、残しておきたければ電子書籍にする、など工夫して増やさないようにしています。汚部屋時代はたくさん収納できる本棚をわざわざ買ったりしてたけど、今は小さい籠に入るだけしか持ちません。

ちなみにイヤミス割と好きです。あと最後と一行で今までのものがひっくり返されちゃう系も好き。なので以下2作品かなりオススメなので読んだことがない方は是非!

儚い羊たちの祝宴 (新潮文庫)

暗黒女子 (双葉文庫)

 

今週のお題「読書の秋」