人生でやりたくない10のこと

参加中(ポチッとお願いします)→ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

「自分が好きでないものを知ることは、自分を知ること」 

ドミニック・ローホー 「シンプルリスト」より 

私はこの言葉が好きです。大体の人は、好きなものをたくさん羅列して、自分を表現したり他人との相違について思考するけど、その逆まで考えが及んでいる人は意外と少ない。これこそが大切だと思うのに…。

だって人生は長いようで短い。私も生まれてから30年以上経つけど、まだ社会では若手の部類。たくさん時間あるじゃん!って思うかもしれないけど、残り考えたら、嫌いなことやモノに煩わされてる時間ってすごく勿体無い。だったら私が嫌いなこと、イライラすること、二度としたくないことをまとめておけば、知らないうちにストレスと溜めることも、そのストレスで疲弊することも、気持ち減るのでは?なんて期待するわけです。ほんと息するようにストレス溜めて発散出来ない勢なので。←

<イライラすることリスト>

・ 他人に自分のペースを乱されること

・ うるさい場所

・ TPOを考えない人(乗り物で騒ぐ人なんて言語道断)

・ 仕事をしない人(他人に自分の仕事をさせておいて定時退勤とか絶許)

・ 約束を守らない人

時間にルーズな人は、時間の価値を分かってない。私は人との約束や待ち合わせには、絶対遅刻しません。寧ろ前日から近くのカフェの目星つけて、30分以上前に着いて、待ち合わせ場所の下見してからカフェでゆっくりします。自分の時間を無駄にしたくないから、他人の時間も大切にします。だからそうじゃない人はほんと無理です。(不慮の事故などは違いますが)

<人生でやりたくないことリスト>

① 一人の時間が取れないこと

② 誰かとの同居

内向的な性格なので、一人の時間がなければ無理。始終誰かと共に居なければならないことになったら早々に体調を崩すのは確実で、例え家族や仲の良い人とでも同じことです。

③ 嫌いな人との付き合い

誰でも合わない人はいるものです。よく自分も我慢しているんだからお前もそうすべき的に「大人の付き合いをしろ」って言ってくる人いますよね。…うるさい黙れと。無理に付き合うなんて無駄なんですよ。時間は限られてるし、精神衛生上良くない。まあわざわざツンケンしなくても良いけど、関わらないならそれが一番良いんです。

④ 他人の尻拭い

⑤ ワークライフバランスがワークに寄りすぎる

イライラすることリストでも書いていますが、これがね周りに多すぎる。自分の仕事を他人に押し付けておいて自分は優雅に時間を使い、そして定時退勤する。押し付けられた側は残業させられ自分の時間を奪われる。これね、高給取りに多いと思うんで全員歩合制にしたら良いと思うくらいのぶちキレ案件です。まあ後は手柄泥棒ですね。仕事しないくせに…(-᷅_-᷄๑)

昔私は、休日出勤も残業もたくさんしてました。キリよく仕事が終わるまでやっていたし、休み中でも仕事のことよく考えてたし、そうやって自分の時間は犠牲にしてても苦では無かったんです。けどね、それが純粋に報われれば良い。でも手柄泥棒(往往にしてそいつは仕事しない)を幾度もされ、上司も正当に評価してくれないのを目の当たりにして、自分を犠牲にするのをやめました。そしてここ3年くらい、強膜炎や喘息、咽頭炎副鼻腔炎、喉の良性腫瘍と身体はボロボロで…自分の心身の健康を誰も守ってくれないことを改めて知って、今では(よっぽど繁忙期とかでない限り)定時退勤しています。

⑥ 病院通い

⑦ 寝不足

⑧ タバコ&ギャンブル

健康第一。病院嫌いなんですが、後から辛くなるくらいならさっさと行ったほうがいい。特に歯医者。虫歯は放置してても治らない…。寝不足もパフォーマンスに影響するし、タバコは煙が無理…同じくギャンブルも心身の健康を損なう(と私は思っている)のでNG。

⑨ 汚部屋に戻ること

⑩ 無計画な買い物

家・汚部屋出身なので、二度と戻りたくないと思っています。たまに心身ストレス過多になると部屋は汚くなります。(気をつけよ)

あなたもどうぞ

誰にでも、自分がどうしたいのかわからなくなる瞬間があります。そうしたとき、人生において望まないことを書いておくことで、はっきりと道が見えてきます。(前述の著書より)

これを作ることは、そこまで難しいものではありません。しかし、人生における様々な場面で役に立つと思います。まずは一つから、やってみませんか?

ちなみに

先日、読んでいた本に載っていた1枚の写真を見て、ものすごく気分が悪くなったことがありました。というより、ゾッとした感覚?(集合体恐怖症の人がブツブツ見ると「うわー」ってなる感じかな。)そのページの写真に写っていたのは、天井まであるパントリーに隙間なく整然と収納されているモノの写真。(流石に本のタイトル言えないので、類似写真なら「収納」でGoogle検索)そこから一気に雑誌・書籍の「収納術」関係がNGになっちゃたよ!怖い!